マンガを読む

フリーライター・加山竜司がマンガをレビューするblogです。

マンガを読む イメージ画像

更新情報

鉄腕アトム 5 [Kindle版]手塚治虫、ジョーカーについて語る映画『ジョーカー』が大ヒットしている。公開2週目にして興行収入は20億円を突破し、世界だけでなく日本でもちゃんとヒットしたのが喜ばしい限りだ。なにしろ『ダークナイト』が公開された当時は、これだけすごい映
『手塚治虫も「ジョーカー」の影響を受けていた!!』の画像

BANANA FISH(1) BANANA FISH (フラワーコミックス) [Kindle版]原作が描かれた当時の世相に依拠する部分マンガは人気商売である。掲載媒体によって差異はあるものの、基本的には、人気がなければ打ち切られてしまう。読者の支持や共感が得られなければ、作品を
『『BANANA FISH』とアメリカの人工妊娠中絶問題』の画像

『のらくろ』は「古典」の代表作マンガに限らず映画でも小説でも、どのジャンルにおいても共通して言えることだが、作品は成立時期や経緯から、以下の3つに分類が可能できる。 ・古典(クラシック) ・スタンダード ・トレンドマンガを例にすると、「トレンド」はいま流行
『展覧会「のらくろであります!」へ行ってきた!』の画像

よく練られた、ジョーカー・ビギンズ映画『ジョーカー』を観てきた。ジョーカーとは『バットマン』シリーズのヴィラン(悪役)のひとりで、本作はジョーカー誕生を描いた「ジョーカー・ビギンズ」といったところ。ただし、現在DCが展開しているDCエクステンデッド・ユニバー
『映画『ジョーカー』を観た』の画像

映画『惡の華』の公開にあわせて原作者・押見修造先生と玉城ティナさん(仲村佐和役)の対談がライブドアニュースに掲載されました。こちらの取材/原稿を担当しました。【ベタ褒め】原作者 #押見修造 が、映画『#惡の華』を絶賛する理由https://t.co/nPZCBjutVY原作を読ん
『『惡の華』押見修造先生×玉城ティナさん対談』の画像

神奈川のトリセツ [単行本(ソフトカバー)]『神奈川のトリセツ』(昭文社)に原稿を書かせてもらいました。おもに歴史に関するパートを中心に32ページほど担当しました。
『神奈川のトリセツ』の画像

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle版]『彼方のアストラ』篠原健太先生のインタビューがライブドアニュースに掲載されました。こちらの取材/原稿を担当しました。現在、テレビアニメも物語が佳境に入ってきて、それに合わせてネタバレありのインタビュー
『『彼方のアストラ』篠原健太先生インタビュー』の画像

映画「二ノ国」 公式アートブック [大型本]文藝春秋から刊行された『映画「二ノ国」 公式アートブック』に記事を書きました。インタビュー(製作総指揮:日野晃博氏、百瀬義行監督)、および作品解説を担当しました。映画は8月23日から全国の劇場で公開されました。
『映画「二ノ国」 公式アートブック』の画像

netflixのアニメ『7SEEDS』の放映開始にあわせ、天月 -あまつき- さん(OP曲担当)×高橋幸雄監督majiko(ED曲担当)×高橋幸雄監督の対談を行いました。記事はこちらから読めます。おふたりとも原作のファンということで、その思い入れがいかに楽曲制作に反映されたかをう
『『7SEEDS』アーティスト×監督対談』の画像

#名画で学ぶ主婦業 主婦は再びつぶやく [単行本]『#名画で学ぶ主婦業 主婦は再びつぶやく』(宝島社)にて、解説文を書きました。Twitterでトレンド入りした大人気ハッシュタグ「#名画で学ぶ主婦業」の書籍化・第二弾です。フジテレビ「めざましテレビ」「とくダネ!」、読売
『#名画で学ぶ主婦業 主婦は再びつぶやく』の画像

ザ・バニシング-消失- [DVD] [DVD]1988年の映画が2019年に劇場公開シネマート新宿で公開中の映画『ザ・バニシング-消失-』を観てきた。 1988年の映画。日本での劇場公開は見送られていたが、今年(2019年)になって公開されることになった作品である。過去にVHSやDVDはリリ
『コーヒーを飲みながら、映画『ザ・バニシング-消失-』を振り返る』の画像

↑このページのトップヘ