マンガを読む

フリーライター・加山竜司がマンガをレビューするblogです。

マンガを読む イメージ画像

更新情報

「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと [単行本]『「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと』(文藝春秋)の原稿を書きました。本書は全7章構成(464ページ)です。1~4章は前作の映画公開前後(20
『『「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと』』の画像

BRUTUS(ブルータス) 2021年 7月15日号 No.942 [音楽と酒・夏。] [雑誌]雑誌「BRUTUS」(マガジンハウス)から取材を受けました。「コミック誌では読めないマンガを追う。」という記事で、ライターの山脇麻生さんと対談しました。コミック雑誌ではない、一般雑誌で連載されて

証言「機動戦士ガンダム」文藝春秋が見た宇宙世紀100年 (文春ムック)『証言「機動戦士ガンダム」文藝春秋が見た宇宙世紀100年』で記事を執筆しました。本書は、「もし宇宙世紀の時代に文藝春秋や週刊文春があったら?」というifに基づいたムックです。ガンダムの劇中での出来

ひとくい家族 : 1 (webアクションコミックス)文春オンラインで『ひとくい家族』福満しげゆき先生のインタビューを担当しました。福満先生はエッセイ作品でご自身をキャラクターとして登場させますが、まさにあの雰囲気そのもので、着眼点や考え方が非常に独特な方でした。本

バトルスタディーズ(28) (モーニングコミックス)『バトルスタディーズ』の作者・なきぼくろ先生と、『海月姫』などの作者・東村アキコ先生の対談企画の取材/執筆を担当しました。本記事は、『バトルスタディーズ』28巻に収録されます。一部に関しては、講談社「コミック

ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα)ライブドアニュースの「担当とわたし」という、マンガ家と担当編集者の対談企画の取材/記事を担当しました。『ミステリと言う勿れ』の田村由美先生と永田裕紀子氏の対談です。前編中編後編 本作は2022年に実写テレビドラマ
『『ミステリと言う勿れ』作者×編集者 対談』の画像

サマータイムレンダ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)ライブドアニュースの「担当とわたし」という、マンガ家と担当編集者の対談企画の取材/記事を担当しました。『サマータイムレンダ』の田中靖規先生と片山氏の対談です。前編 後編 本作は2022年にテレビアニメ化が発表され

『チェンソーマン』と『タッチ』が実は“ご近所”だった、という(こじつけ)話です。『チェンソーマン』第5話。第1巻P.138~139に練馬駅が出てくるのでご参照ください。件の場所はここ。昔は確かに電話ボックスがあった、ような気がする。この写真の手前側にある大通りが千
『『チェンソーマン』と『タッチ』の関係』の画像

別冊少年マガジン 2021年2月号 [2021年1月9日発売] [雑誌]西野七瀬さんと田島列島先生の対談記事を担当しました。「別冊少年マガジン」2月号(講談社)に掲載されます。西野さんがかねてより田島先生の大ファンを公言していたことから、今回の対談が実現しました!手塚治虫
『西野七瀬さん×田島列島先生の対談』の画像

矢追純一UFO現地取材シリーズ DVD-BOX (2枚組)牛が宇宙人にさらわれるッ!キャトル・ミューティレーションとは、宇宙人による牛の生体解剖のことである。アメリカの牧場では、不可解な死を遂げた牛が見つかり、しかもその遺体からは内臓が奇麗に除去され、血液がすべて抜かれ
『丑年だからキャトル・ミューティレーションについて考えねばなるまい』の画像

「子供を殺してください」という親たち 8巻: バンチコミックス8巻は「お金問題」本当に大変な1年だった。そう実感している方も多いのではないだろうか。はじめに個人的な体験を記す。現在進行形の話でもあるので、詳細はぼかして書く。このコロナ禍では、在宅仕事で夫婦の
『お金について考える、『「子供を殺してください」という親たち』8巻』の画像

このマンガがすごい! 2021『このマンガがすごい!2021』に記事を書きました。オトコ編1位『チェンソーマン』(藤本タツキ)の巻頭インタビューおよびランクイン作品のレビュー(『水は海に向かって流れる』『ダンピアのおいしい冒険』『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円
『『このマンガがすごい!2021』』の画像

↑このページのトップヘ