マンガを読む

フリーライター・加山竜司がマンガをレビューするblogです。

マンガを読む イメージ画像

更新情報

6日の広島、9日の長崎、15日の終戦記念日と、日本にとって8月は戦争について考える季節でもある。決して楽しい作業ではないけれど、1年の中にそういうタイミングを持つことが、とても大切なのだと思う。近年では、戦後生まれの世代が描いた戦争マンガに傑作が目立つ。これら
『戦争について考えるときに読みたいマンガ』の画像

7月によく読まれた記事は以下のとおりです。(7月1~31日での集計になります)1位:松本サリン事件を描いた『MATSUMOTO』を、どう読むか?2位:『不滅のあなたへ』という、現在進行形の問題作3位:『リウーを待ちながら』とカミュの『ペスト』4位:『もっこり半兵衛』の描く
『2018年07月によく読まれた記事』の画像

ハーン ‐草と鉄と羊‐(2) (モーニング KC) [コミック]意外と少ないチンギス・ハーンが主役のマンガ『ハーン -草と鉄と羊-』はチンギス・ハーンを主人公とする歴史冒険譚である。これまでもチンギス・ハーンやモンゴル帝国(元朝)をモチーフとする作品はあり、たとえば現在
『『ハーン ‐草と鉄と羊‐』に見る貴種流離譚』の画像

メガロボクス Blu-ray BOX 1 (特装限定版) [Blu-ray]『メガロボクス』第1巻(Blu-ray版)に同梱されるブックレットに原稿を書きました。森山洋監督インタビュー、真辺克彦(脚本)×小嶋健作(脚本)インタビューを担当しました。『メガロボクス』はAmazonプライムで全話視聴
『メガロボクス 第1巻[Blu-ray]同梱のブックレット』の画像

ゴールデンカムイ 第一巻<初回限定版>(『ゴールデンチケット』キャンペーン対象) [Blu-ray] [Blu-ray]『ゴールデンカムイ』第1巻(Blu-ray版)に同梱されるブックレットに原稿を書きました。登場キャラクターの軍装品や所持品、アイヌ文化や用語について書いています。Amazon
『ゴールデンカムイ 第1巻(初回限定生産版) [Blu-ray]同梱のブックレット』の画像

本ブログ経由での単行本売り上げを年単位で記録していきたいと思います。2017年7月1日~12月31日までの期間で、本ブログを通じて購入された商品のランキングです。1位:悪魔を憐れむ歌 2巻 (バンチコミックス)2位:悪魔を憐れむ歌 2 (BUNCH COMICS)3位:マロニエ王国の七人
『2017年下半期に売れた単行本』の画像

6月によく読まれた記事は以下のとおりです。(6月1~30日での集計になります)1位:『不滅のあなたへ』という、現在進行形の問題作2位:『リウーを待ちながら』とカミュの『ペスト』3位:『「子供を殺してください」という親たち』3巻が問う“覚悟”4位:『もっこり半兵衛』
『2018年06月によく読まれた記事』の画像

地図で楽しむすごい茨城 [単行本(ソフトカバー)]『地図で楽しむすごい茨城』(洋泉社)に原稿を書かせてもらいました。おもに歴史に関するパートを中心に24ページほど担当しました。「地図で楽しむ○○」シリーズに書かせてもらうのは千葉、神奈川、愛知、宮城に続き5冊目
『地図で楽しむすごい茨城』の画像

地図で楽しむすごい宮城 [単行本(ソフトカバー)]『地図で楽しむすごい宮城』(洋泉社)に原稿を書かせてもらいました。おもに歴史に関するパートを中心に28ページほど担当しました。「地図で楽しむ○○」シリーズに書かせてもらうのは千葉、神奈川、愛知に続き4冊目です。
『地図で楽しむすごい宮城』の画像

「子供を殺してください」という親たち 3巻 (バンチコミックス) [Kindle版]同級生のA君についてはじめに自分のことを書く。僕は6年一貫教育の中・高校に通った。A君は同級生で、2~3回ほど同じクラスになったことがある。A君とはたまに会話をする程度の間柄で、さほど親し
『『「子供を殺してください」という親たち』3巻が問う“覚悟”』の画像

5月によく読まれた記事は以下のとおりです。(5月1~31日での集計になります)1位:『不滅のあなたへ』という、現在進行形の問題作2位:『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』に見る、エッセイマンガの特徴3位:新シリーズが開幕した『キン肉マン』61巻4位:『もっこ
『2018年05月によく読まれた記事』の画像

サトコとナダ 3 (星海社COMICS) [コミック]日本のライバル・サウジアラビアサウジアラビア代表は、アジア最終予選では日本と同じグループBに振り分けられていた。日本代表は、アジア最終予選の第5戦目にさいたまスタジアム2002でサウジアラビア代表と対戦し、2-1で勝利。グル
『【W杯出場国:サウジアラビア】『サトコとナダ』』の画像

↑このページのトップヘ