マンガを読む

フリーライター・加山竜司がマンガをレビューするblogです。

マンガを読む イメージ画像

更新情報

そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス) [コミック]平松伸二の自伝的作品本作『そしてボクは外道マンになる』は、平松伸二の自伝的な実録作品である。平松伸二は「週刊少年ジャンプ」では『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』、活躍の場を青年
『『そしてボクは外道マンになる』の本宮ひろ志』の画像

BE BLUES!~青になれ~ 28 (少年サンデーコミックス) [コミック]映像が伝えるサッカーの魅力は3割程度気がついたらFC東京のシーズンチケット(ソシオ)を18年連続で購入している。毎年毎年アホみたいにサッカーを見続けていると気づくこともあって、実際のところテレビはサッカ
『ボール・コーディネーションを描く『BE BLUES!〜青になれ〜 』』の画像

7SEEDS 35 (フラワーコミックスアルファ) [コミック]文明崩壊後の地球でのサバイバル物語田村由美『7SEEDS』の最終35巻が刊行された。第1話の初出は「別冊少女コミック」2001年11月号。途中、新創刊された「flowers」に移籍し、足かけ16年に及ぶ長期連載作品となった。物語の
『21世紀の傑作『7SEEDS』』の画像

ビブリオ漫画文庫 (ちくま文庫 や 50-1) [文庫]「本」を題材にした短編マンガ群本書は「本」をテーマにしたマンガのアンソロジーである。「本」がテーマのマンガ……というと、近年では『ビブリア古書の事件手帖』のコミカライズ、アニメ化もされた『デンキ街の本屋さん』、
『1編ずつじっくり読み進めたい『ビブリオ漫画文庫』』の画像

「子供を殺してください」という親たち 1 (BUNCH COMICS) [コミック]「精神障害者移送サービス」を描いた実録マンガ『「子供を殺してください」という親たち』は、押川剛によるノンフィクションを原作とするドキュメンタリー作品だ。もともと日本では、自傷他害のおそれがあ
『『「子供を殺してください」という親たち』に見る、家族の問題点』の画像

いちげき (2) (SPコミックス) [Kindle版]農民が主人公の幕末作品『いちげき』は、あまり歴史に詳しくない読者にもオススメできる、しかし骨太な時代劇劇画である。作品の時代設定は幕末。幕末を題材にした時代劇というと、維新の志士(坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟など)や新
『気鋭の時代劇劇画『いちげき』』の画像

ハクメイとミコチ 5巻 (HARTA COMIX) [Kindle版]『ハクメイとミコチ』はどんな作品?『ハクメイとミコチ』のアニメ化が発表された。リンク先にあるティザービジュアルが素晴らしいので、ぜひご覧になっていただきたい。なお、ナタリーの記事には、またりんかい線・国際展示場
『アニメ化が決まった『ハクメイとミコチ』を読む』の画像

空挺ドラゴンズ(2) (アフタヌーンコミックス) [Kindle版]食マンガの源流は、料理を「作る」マンガあいかわらず食マンガのブームが続いている。どのマンガ誌にも1本は、食をテーマにしたマンガが掲載されているほどだ。2012年にテレビ東京系列で実写ドラマ化された『孤独の
『「龍のいる世界」の文化が豊かな『空挺ドラゴンズ』』の画像

まんが道大解剖 (SAN-EI MOOK) [ムック]マンガのガイドブックとして最良の一冊『まんが道大解剖』は藤子不二雄Aの『まんが道』とその続編『愛…しりそめし頃に…』のガイドブックである。『まんが道』と『愛…しりそめし頃に…』は、藤子不二雄Aの自伝的な作品ではあるが、史
『『まんが道大解剖』を読んでの、余談』の画像

藤子・F・不二雄大全集 中年スーパーマン左江内氏/未来の想い出 [コミック]ドラマ化された『中年サラリーマン左江内氏』2017年1月14日から3月18日にかけて日本テレビ系列で放映されたテレビドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』は、藤子・F・不二雄の『中年スーパーマン左
『『中年スーパーマン左江内氏』に見る藤子・F・不二雄のスーパーマン像』の画像

ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック (アクションコミックス) [コミック]『ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック』に原稿を書きました。担当分は以下のとおりです。  ・こうの史代先生インタビュー
『『ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック』』の画像

当ブログはライターの加山竜司がマンガをレビューするブログです。いま、マンガは数えきれないほど刊行されています。あくまで自分の狭い観測範囲のなかで、とくに気になった作品についてレビューしていきます。レビューマンガのレビューです。刊行年の新旧を問わず、その時
『このブログについて』の画像

↑このページのトップヘ