マンガを読む

フリーライター・加山竜司がマンガをレビューするblogです。

マンガを読む イメージ画像

レビュー

不滅のあなたへ(4) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle版]大きな驚きをもって迎え入れられた大今良時の新作『不滅のあなたへ』は、「このマンガがすごい!2015」オトコ編で1位になった『聲の形』の大今良時の新作である。心待ちにしていた作品なのだが、掲載誌「週刊少
『『不滅のあなたへ』という、現在進行形の問題作』の画像

バンデット(3) (モーニングコミックス) [Kindle版]注目度の高い歴史マンガこの9月1日で、新人マンガ家の作品をレビューするサイト「yomina-hare」が1周年を迎えた。僕もちょこちょこと記事を書かせてもらっているのだが、1周年の特別企画として「1年間で一番読まれた、バ
『物語が動き始めた『バンデット –偽伝太平記–』』の画像

「少年ジャンプ」における本宮ひろ志の功績を考える森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)で開催中の「週刊少年ジャンプ展」に行ってきた。開催概要を見ると、創刊から現在までのジャンプの歴史を3期に分け、期ごとに展示内容を変えていくようだ。現在公開されている「
『「少年ジャンプ展」と『男一匹ガキ大将』の影響』の画像

アンゴルモア 元寇合戦記(8) (角川コミックス・エース) [Kindle版]鎌倉時代の文永の役が題材アニメ化が発表された『アンゴルモア 元寇合戦記』の最新8巻がリリースされた(アニメ放映は2018年予定とのこと)。 作者のたかぎ七彦先生には、2016年に「このマンガがすごい!WEB
『アニメ化する『アンゴルモア 元寇合戦記』の最新刊』の画像

とんがり帽子のアトリエ(2) (モーニングコミックス) [Kindle版]王道の魔法ファンタジー第1巻を読んだ時点で、僕はこの作品にバッチリ心を持っていかれてしまった。とにかくそれだけの完成度と、まだ見ぬポテンシャルを秘めているのがこの『とんがり帽子のアトリエ』である
『まるで魔法のような作品『とんがり帽子のアトリエ』』の画像

そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス) [コミック]平松伸二の自伝的作品本作『そしてボクは外道マンになる』は、平松伸二の自伝的な実録作品である。平松伸二は「週刊少年ジャンプ」では『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』、活躍の場を青年
『『そしてボクは外道マンになる』の本宮ひろ志』の画像

BE BLUES!~青になれ~ 28 (少年サンデーコミックス) [コミック]映像が伝えるサッカーの魅力は3割程度気がついたらFC東京のシーズンチケット(ソシオ)を18年連続で購入している。毎年毎年アホみたいにサッカーを見続けていると気づくこともあって、実際のところテレビはサッカ
『ボール・コーディネーションを描く『BE BLUES!〜青になれ〜 』』の画像

7SEEDS 35 (フラワーコミックスアルファ) [コミック]文明崩壊後の地球でのサバイバル物語田村由美『7SEEDS』の最終35巻が刊行された。第1話の初出は「別冊少女コミック」2001年11月号。途中、新創刊された「flowers」に移籍し、足かけ16年に及ぶ長期連載作品となった。物語の
『21世紀の傑作『7SEEDS』』の画像

ビブリオ漫画文庫 (ちくま文庫 や 50-1) [文庫]「本」を題材にした短編マンガ群本書は「本」をテーマにしたマンガのアンソロジーである。「本」がテーマのマンガ……というと、近年では『ビブリア古書の事件手帖』のコミカライズ、アニメ化もされた『デンキ街の本屋さん』、
『1編ずつじっくり読み進めたい『ビブリオ漫画文庫』』の画像

「子供を殺してください」という親たち 1 (BUNCH COMICS) [コミック]「精神障害者移送サービス」を描いた実録マンガ『「子供を殺してください」という親たち』は、押川剛によるノンフィクションを原作とするドキュメンタリー作品だ。もともと日本では、自傷他害のおそれがあ
『『「子供を殺してください」という親たち』に見る、家族の問題点』の画像

↑このページのトップヘ