マンガを読む

フリーライター・加山竜司がマンガをレビューするblogです。

マンガを読む イメージ画像

押川剛

「子供を殺してください」という親たち(4) (BUNCH COMICS) [コミック]近すぎる【ケース7】『「子供を殺してください」という親たち』に関しては、これまでもレビューを書いてきた。1巻:『「子供を殺してください」という親たち』に見る、家族の問題点2巻:ひきこもりの実態
『『「子供を殺してください」という親たち』の「確信の4巻」』の画像

「子供を殺してください」という親たち 3巻 (バンチコミックス) [Kindle版]同級生のA君についてはじめに自分のことを書く。僕は6年一貫教育の中・高校に通った。A君は同級生で、2~3回ほど同じクラスになったことがある。A君とはたまに会話をする程度の間柄で、さほど親し
『『「子供を殺してください」という親たち』3巻が問う“覚悟”』の画像

「子供を殺してください」という親たち 2巻 (バンチコミックス) [Kindle版]深刻化した「ひきこもり」「8050問題」という言葉を聞いたことがあるだろうか?ひきこもりが長期化し、親とひきこもり当事者が高齢化して家族が困窮するケースを、「80代の親、50代の子」を意味する
『ひきこもりの実態を描く『「子供を殺してください」という親たち』2巻』の画像

「子供を殺してください」という親たち 1 (BUNCH COMICS) [コミック]「精神障害者移送サービス」を描いた実録マンガ『「子供を殺してください」という親たち』は、押川剛によるノンフィクションを原作とするドキュメンタリー作品だ。もともと日本では、自傷他害のおそれがあ
『『「子供を殺してください」という親たち』に見る、家族の問題点』の画像

↑このページのトップヘ